【インフォグラフィック】インドで生産される40%の食料は輸送中に失われる?


インドの食糧事情に関するデータをインフォグラフィックにしてみました。

インドの食糧事情

【インフォグラフィック内のテキスト】

インドは40%の食料を輸送中に失っています。イギリスで消費されている以上の野菜や果物を失っています。オーストラリアで生産されている以上の穀物を失っています。

輸送中に食料を失う3つの大きな理由

・冷凍蔵庫の不足
・停電
・舗装のされてない悪い道

農業はインドのGDPの0.6%を占めます。1980年代の1.4%から下がっています。

中国はGDPの5%を農業が占めています。中国では2008年に1ヘクタールあたり6.2トンのお米を生産しました。インドの2倍の収穫量です。

1997年から2009年までの間、20万人の農業に携わるインド人が自殺をしました。1947年に比べてインドの農家の農地は50%小さくなっています。

インドの農業の収穫量は2010年に比べて2011年は5%のマイナス成長でした。インドの20%の地域で水が枯渇もしくは過度に利用されています。

インドの食糧事情に関するインフォグラフィックをつくってみました。輸送中に40%の食料が失われるというのには驚きました。

理由を見るとインドのインフラの脆弱さが浮き彫りになります。道路、電気といったインフラはまさに国富ということが分かります。

早くインフラが整備されて最終的に少しでも栄養失調の子供が減ることをねがいます。


インドビザ取得申請代行センター